社会学を参考に、社会人生活をストレス最小限に生き抜くための雑記ブログ

志望動機の作り方と要点

志望動機の内容は、求人応募の情報の中で必ず確認される大事な項目です。

新卒・第二新卒・中途入社どのタイミングの方でも使える、エントリーシートや履歴書に志望動機を記載していく中で見落としがちな要点をまとめてみました。

構成(骨組み)を作る

志望動機は、市販の履歴書のように書く枠が小さすぎたり、逆にWeb応募時の企業指定枠では枠が大きすぎたり、自己PRに比べるとかなり多様な形態になっています。そのため、志望動機の中に入れ込む下記の要素を、構成(骨組み)としてまとめておく必要があります。

応募する企業に感じた魅力について

応募する企業に感じた魅力=貴社のどういう点に関心を持った/持っていたかを完結に説明します。面接の台本を書いているつもりで、できれば1文でまとめてください。

自身の何が応募先に貢献することができるか

自身の何が応募先に貢献することができるか=自身の持つどういう経歴(今日までに、やってきたこと・学歴・職歴)が、応募する企業の求めている人・求めている仕事内容に貢献(役立つこと)ができるのか、を1文でまとめてください。

また、必ずしも『やってきたこと』と求人募集の内容が一致しない・応募の根拠としてはどう表現しても説得力が弱い場合も多々あります。

『やってきたこと』ではなく『やってみたいと思っていたこと』を述べる場合は、『なぜやってみたいのか』をなるべく具体的に書き添えることで、読み手にひっかかりが少なく受け止めてもらえる可能性が高くなります。(人に物事を説明する時に根拠を肉付けするのと同じ要領です)

校正する

言いたいことを詰め込みすぎていたり、少なすぎていた場合、言葉にすると不自然さが際立ちます。作成した文章は必ず読み返して確認しましょう。

実際に暗記して口頭で言ってみるのがお薦めです。何度か声に乗せてみて、台詞がおかしいと思ったら修正をしていきます。

主語は足りているか

『私は、○○という理由で、貴社に応募します。』が、率直に伝わる文章になっているかを確認してみてください。言葉が多くて文が長過ぎたり、1文なのに注釈があったり、ストレートな表現になっていないようであれば修正をしていきます。

何か変だけれども、どこがおかしいかわからないという場合は、まず『私は』『○○が』などの主語を疑ってみてください。主語を足すだけで、強い意志や決意を強調したり、文章の雰囲気を堅めに調整することができます。

文章の客観性は足りているか

読み手(=採用担当)側としては、『ちゃんとしている人』の印象に大きく影響しますので注意してください。こちらは声に出さずに黙読してみて、文章に不自然がないか確認してみてください。

説明している根拠や理由に明らかにツッコミどころがあるような内容を書いていないか、話し言葉で文章を書いていないか、一般的な国語の知識や社会常識とされる記載ルールにミスはないか、がポイントです。

<チェック項目例>

  • 話し言葉『御社(おんしゃ)』・記載する際は『貴社(きしゃ)』
  • ら抜き言葉の訂正 
  • 話し言葉の修正『うちの』→『我が家の』、『お母さんが』→『母が』

ただし、履歴書の客観性については、業務で求人書類を見る機会でもない限り、なかなか意識することが少ないと思います。そもそもご自身では客観性があると思って文章を作成している筈なので、自分以外に確認して貰わないと気が付かない場合もよくあり、あまりに不安に感じた場合は、家族への相談やWebの添削サービス等を利用してチェックしてみましょう。

まとめ

志望動機の作り方について、要点を整理・解説してみました。

志望動機は、記入枠が比較的小さい場合も多く、構成(骨組み)さえ一般的に『筋の通る』内容にまとめておくことで、書く場所が長くても短くても、伝えたい内容がブレることがなく読み手に伝わります。

就職活動にて、是非活用してみていただけましたら幸いです。

ご拝読ありがとうございました。